カメラと旅をする

写真と花、カメラと一緒に旅やお出かけをして感じたことやチャレンジしたことを綴ります。

【名駅・大名古屋ビルヂング】フランス郷土料理のガレットが美味しいお店「RHUBARBE(ルバーブ)」

先日、友人と数年ぶりに会い、ゆっくりとランチをしました。

そのお友達、なんと小学校4年生からのなが~いお付き合いの友達です。

人生で最も長く付き合ってくれている友達。ありがたいとしか言いようがない。

 

私はずっと名古屋に住んでいますが、彼女はここ10年くらいは南米在住。

一時帰国していたため、何とか会うことができました。

 

名古屋駅周辺で会うことになり、大名古屋ビルヂングへ。

土日の大名古屋ビルヂングはやっぱり人が多い!

 

今回は「ガレットを食べよう!」ということになり、3Fのフレンチレストラン「RHUBARBE(ルバーブ)」へ行きました。

 

早速レポートしていきたいと思います!

 

カジュアルなフレンチレストラン「RHUBARBE(ルバーブ)」

シェフがフランスのガレット・クレープ・ビストロ料理や自然派ワインなどを名古屋に広めようと考えて、オープンしたフレンチのカジュアルレストランです。

 

フランスの郷土料理にこだわったお店といえば、分かりやすいかなと思います。店内はどちらかといえば、女性が多い感じ。男性はお若い方が多かったですね。 

 

 営業時間

平日:11:00~15:00(L.O.14:30)

   17:00~23:00(L.O.22:00 )

土日:11 : 00 ~23:00(14:00~17:00はカフェタイム)

ランチの予約は不可です。

dainagoyabuilding.com

 

メインはガレット

肉料理やワインもいいですが、やはりこの店に来たら、「やっぱり、メインはガレットだよね」と思います。

 

ところで、ガレットはフランスの北西部の郷土料理。ルバーブではフランスのブルターニュ地方発祥のそば粉を使っているそうです。

 

日本でガレットというと、小麦粉で生地を作る場合も結構あるそう。それを考えると、こちらのお店は実際の本場のそば粉を使っていて、本格的ですね!

f:id:flowerphoto:20200214002830j:plain

画像引用元:ブルターニュ地方のお土産

 

ガレットって、一時期ブームになって聞くことは聞くけれど、そういえば私は食べたことがなかったです。

さて、ランチのガレットはこんな感じ。

  • コンプレット(卵・ハム・チーズ)
  • シュベールコンプレット(卵・ハム・ジャガイモグラタン・チーズ)
  • フォレスティエール(キノコクリーム・ベーコンチーズ)
  • ナンテーズ(トマト・ミートソース・チーズ)
  • プロヴァンサル(ラタトゥユ・ポーチドエッグ・生ハム・チーズ)
  • アトランティック(サーモンマリネ・アボガド・サラダ・フロマージュブラン)
  • サンジャック(ホタテのソテー・ほうれん草のクリーム・チーズ)
  • パリジェンヌ(トマト・ミートソース・チーズ)

 ランチはすべてサラダ付き。ボリュームがとてもあります。

f:id:flowerphoto:20200213223309j:plain

ボリュームたっぷりのサラダ

ガレットはフォレスティエール(キノコクリーム・ベーコンチーズ)にしました!

私はクリームソースが好きなので、これにしました。ガレットの生地は外側はパリッとしていて、中がしっとりとしています。

 

ガレットって外側しか焼かないそうですね。だから、生地の内側がしっとりしているんですね。

f:id:flowerphoto:20200213223343j:plain

フォレスティエール

友達はアトランティック(サーモンマリネ・アボガド・サラダ・フロマージュブラン)。チーズがとても美味しいと満足気でした。

f:id:flowerphoto:20200213223246j:plain

アトランティック

ガレットは軽食っぽく思えたけれど、いやいや、とても満腹になります。

生地に絡めると食べやすい

それにしても、写真からもわかると思いますが、結構具だくさん!

どうやって食べようか…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、コツは生地に具材を巻き込むように食べること

生地に具やチーズをうまく絡めて、巻き込むようにして食べると、皿をあまり汚さずに食べられそうです。

gourmet-note.jp

ワインやシードルに合う

ガレットはワインにとても合うようです。ランチタイムだったので、ワインは注文しなかったですが、ガレットにワインやシードルなどのお酒があうといわれています。

 

店内を見回すと、ワインを楽しまれている方々の姿も見られました。

クレープもある

このサラダ付きガレットにクレープと飲み物をつけることもできます。

クレープはそば粉ではなく、小麦粉を使うスイーツ。形も似てるけれど、ガレットは主食でクレープはスイーツというように、フランス人の間では線引きされているんですね。

 

クレープのメニューは次の通り。

  • シュクレ(サトウキビのお砂糖・バニラアイス)
  • キャラメル(リンゴのコンポート・塩バター・キャラメルソース)
  • バナナショコラ(バナナ・チョコレートソース)
  • フロマージュ(フロマージュブラン・ルバーブジャム)
  • オレンジ(オレンジ・カスタードクリーム)

う~ん、どれも食べたい!次回はカフェタイムに行ってみようと思いました。

ランチでクレープまでつけると、相当なボリュームで私は食べられない感じ。

そう、ガレットは結構なボリュームがあるのです。

まとめ

今回は大名古屋ビルヂング3Fの「RHUBARBE(ルバーブ)」をご紹介してきました。

ガレットはフランスの郷土料理。そば粉を使っていて、具だくさんな欲張りランチです。

お読みくださり、ありがとうございます!