カメラと旅をする

一眼レフ初心者がカメラのお役立ち情報、カメラと一緒に旅やお出かけをして感じたことやチャレンジしたことを綴ります。

【名駅・ミッドランドスクエア】「サロン・ド・モンシェール」でおひとりさまアフタヌーンティーを楽しみました!

私の友人で「アフタヌーンティーセット」にはまっている人がいます。

 たしかに、銀のスタンドにスイーツやスコーンなどがおしゃれにもられていると、テンションがあがりますよね。

 

「こういうのって、一人だと予約できないよね。」と私もときどき誘ってもらえるのですが、

あるとき・・・ふと

「アフタヌーンティーって、一人では楽しめないものなの?」

「アフタヌーンティーは2人以上でいただかないといけないものなの?」

と疑問に思いました。

 

 

そして、先日たまたまひとりでカフェに入る機会があって、ふとメニューに目をやると「アフタヌーンティーセット」がありました。

よく見ると、「2人から」などという断り書きも見当たりません。

 

そこで、私は「おひとりさまアフタヌーンティー」なるものを体験してみることにしました!

 

ミッドランドスクエアの「サロン・ド・モンシェール」

ミッドランドスクエアの「サロン・ド・モンシェール」。

こちらでおひとり様アフタヌーンティーセットを楽しみました。

f:id:flowerphoto:20191201223723j:plain

名駅ミッドランドスクエア「サロン・ド・モンシェール」

堂島ロールで人気の「サロン・ド・モンシェール」。

名駅のミッドランドスクエア地下1階にあります。

入口のショーケースにも堂島ロールがばっちり並んでいました。

 

一時期、堂島ロールを購入する方で行列ができていた時期もありましたが、今は落ち着いていますかね。

 

名古屋市内には堀川納谷橋店「リヴァージュ・モンシェール」もあります。

 

「サロン・ド・モンシェール」のアフタヌーンティーのご紹介

 さて、注文したアフタヌーンティーセットです。2段のスタンド。

あまりにもかわいいので、見ているだけで満足してしまいました。

 

f:id:flowerphoto:20191201223614j:plain

アフタヌーンティーセット

スコーン キッシュ クロワッサンド ミニ堂島ロール チュイール 

ブリアン シューミニハッピーボーチ ムースケーキ マカロン 

グラスデザートの全11種類

フレーバーティーor ブレンドコーヒー(おかわり不可)

2,500円

 

フレーバーティーがお好きな方には特におすすめのお店だと思いました。

メニューにダージリンティーやロイヤルミルクティーはありますが、アフタヌーンティーセットではフレーバーティーの中から選ぶことになります。

 

1 豊富なフレーバーティー

こちらのお店のアフタヌーンティーの特徴は豊富なフレーバーティー。

いろんな果物や花々の香りをブレンドして茶葉に香りづけしたものをブレンドしているようです。

天然由来の香料で香りづけしてあるそうで、いい香りでした。

 

【フレーバーティーの種類】

スウィートホワイトピーチ(ホワイトピーチ/ストロベリー)

マスカットパーティー(マスカット/グレープ)

アップルピーチ(アップル/ホワイトピーチ)

ベリーガーデン~モンシェールティー(ストロベリー/グレープ)

ベリーブーケ(チェリーベース/ブラックベリー/グーズベリー)

フルーツガーデン(アップル/オレンジ/パイン/バニラ/バナナ)

メイプルストロベリー(メイプル/ストロベリー)

トロピカルマンゴー(マンゴー/パイナップル/ホワイトピーチ/アプリコット)

オリエンタルバカンス(マンゴー/ジャスミン/ストロベリー)

スウィートローズ(アプリコット/ローズの花びら)

レモンローズ(ローズ/レモン)

キャラメルナッツ(キャラメル/ナッツ)

キャラメルオランジェ(キャラメル/オレンジ)

ショコラティエ(チョコレート/カスタードバニラ/マロン/アールグレイ)

アールグレイ

 

フルーティーなものからトロピカルなものまで、

そして甘めの香りのするお茶までバラエティに富んでいます!

 

f:id:flowerphoto:20191201230205j:plain

フレーバーティーはマスカットパーティー


どれにしようかなと思い、マスカットパーティーにしてみました♪

ちょっとあまいマスカットの香りがして、美味しかったです。

 

「おかわりがしたい」と思いましたが、ポットに入っている分のみ。

カップに2~3杯くらいまでなら楽しめます。

2 ミニ堂島ロールが楽しめる

  

f:id:flowerphoto:20191201223636j:plain

ケーキスタンド下にはミニ堂島ロール

 

ミニの堂島ロールがすごくかわいいです。

堂島ロールあってのサロン・ド・モンシェールですね。

 

f:id:flowerphoto:20191201223625j:plain

スタンド上にはかわいいスイーツが並んでいました♪

上段のスイーツもとても技巧的で美しく、スワンのシューは、感激しました。

スイーツは手が込んでいるものばかりですね。食べるのがもったいない。。

f:id:flowerphoto:20191201223656j:plain

一つ一つは小さいけれど、これを全部食べるのはけっこう大変!

3 時間帯は終日OK

アフタヌーンティーセットは一般的なカフェやホテルの場合、14:00~17:00くらいのティータイムに楽しむもの。

ところが、こちらのお店では終日OKです。

4 優雅な雰囲気で楽しめる

こちらのカフェは店内の造りがけっこうラグジュアリーな感じ。

チェアやテーブルはもちろんのこと、見上げるとシャンデリアも豪華!

アフタヌーンティーを楽しむためには、このような雰囲気も大事です。

ホテル顔負けのおしゃれなカフェなので、おすすめです。

 

もともとアフタヌーンティーの習慣はフランスのマリー・アントワネットの時代にさかのぼるといわれています。

ソフィア・コッポラ監督の2007年公開の映画『マリー・アントワネット』のなかでも、「これでもか」というくらいかわいいスイーツがふんだんに出てきたことを思い出しました。

 

この「優雅な雰囲気」を味わえるかどうかも大事なポイントですね!

アフタヌーンティーの基本ルール

一応簡単なルールをご紹介します。

スタンドの下から上へという順番でいただくことになります。

こちらのお店は2段でしたが、3段の場合でも同じ。

ちなみに3段の場合、

・下にはサンドウィッチやキッシュなど塩辛いもの。

・真ん中にはスコーン。

・一番上にはスイーツ。

 

スタンドの皿を抜き取ることはNGです。

アフタヌーンティーはおひとり様でも大丈夫!

結局、アフタヌーンティーセットはおひとりさまでも注文してOKでした。

他の店もインターネット予約では2人からしか予約できないところでも、電話予約なら1人からでも受け付けてくれるところはけっこうあるようです。

 

ちなみに、サロン・ド・モンシェールのアフタヌーンティーは予約なしでも大丈夫。

平日がねらいめです。

 

ミッドランドスクエアもクリスマスモード一色でした。

 

今年のクリスマスツリーはホワイト♪

 

f:id:flowerphoto:20191202005820j:plain

ミッドランドスクエアのクリスマスツリー

スマホでスイーツの写すときのワンポイントアドバイス

レストランやカフェで食事をしているときには、写真を撮りたくなってしまいますよね。スマホで撮影するスイーツについて、以下の点がポイントです。

 

・対角線上にスイーツを配置する

・スイーツを大きく写したいときには斜め45度上から写す

・全部写さないで、思い切って切り取る

様子を伝えたいときには俯瞰するのもあり

 

詳細情報

ミッドランドスクエア地下1階(名古屋駅地下街サンロード直結)

地下鉄・JR/近鉄名古屋駅から徒歩約10分

営業時間 10:00~20:00(L.O.19:30 )

モーニングメニューもあり。

 

まとめ

今回は「サロン・ド・モンシェール」でおひとりさまアフタヌーンティーを体験しました。

こちらのお店の特色は

・フレーバーティーの種類が豊富

・ミニの堂島ロールが楽しめる

・アフタヌーンティーセットの注文は終日OK

・優雅な雰囲気でアフタヌーンティーを楽しめる

お読みくださり、ありがとうございます!