カメラと旅をする

写真と花、カメラと一緒に旅やお出かけをして感じたことやチャレンジしたことを綴ります。

マスク以外に正しい手洗いと遠隔医療相談アプリ「LEBER」の準備!コロナウィルス感染防止対策としてできること

新聞、TV、ネットどこをみても毎日、「新型コロナウィルス」の話題で持ち切り。

どんなニュースも「自分事」としてとらえることが大切なのでしょうが、最初のうちはどこか遠い世界のことと思っていました。

ただ、私の住む愛知県内でもじわじわと感染者が増えてきています。

 

新型コロナウィルスがなぜ不気味かというと・・・やはり「感染経路がわからない」ということに尽きるのではないでしょうか。

 

この1~2週間が正念場・・・と言われていますね。

最低限の対策をしておきたいものです。

 

 

タッチパネルなど手に触れるものは要注意

感染経路がわからない…考えてもどうしようもないのですが、

手に触れるものはとくに注意した方がよいですね。

 

電車内のつり革、トイレ、エレベーターのボタン・・・

ピックアップしだすときりがないけれど、TVのニュースで言われていた話では

意外な盲点は「タッチパネル」だとか。

 

タッチパネルということは、一番身近なところでいうと銀行やコンビニのATMでしょうか。みんながかわるがわる触るものです。

 

ただ、触っただけでは感染しないので、触った後には早めに手を洗うことが大切です

 

正しい手の洗い方

そこで、正しい手の洗い方をおさらいしてみましょう。

 

その前に、新型コロナウィルスとは、どんなものなのでしょうか?

新型コロナウィルスは「エンベロープ・ウィルス」といわれる種類のウィルスです。

エンベロープとは、封筒のこと。

要するに、ウィルスの外側が脂質膜に覆われているウィルスのことです。

 

こういうウィルスはほかにこのようなものがあります。

  • 新型コロナウィルス
  • インフルエンザウィルス
  • 風疹ウィルス
  • B型&C型肝炎ウィルス
  • エイズウィルス

 

脂質膜は石鹸やアルコールなどで処理するとよいといわれているため、手洗いが重要になってきます!

正しい手洗いの方法を解説した動画を添付します。

今更…とはいえ、意外と手洗いにも落とし穴があるもの。

 

www.youtube.com

出典:政府インターネットテレビ

 手首もしっかりと15秒くらいかけて洗いましょう。

手の指の間も忘れずに。

咳エチケットを守る

咳エチケットって、意外と守れていなかったりします。

こんなときだからこそ、くしゃみや咳などをするときに、マスク、ティッシュ、ハンカチや袖を使って、口や鼻を押さえるようにしないといけません。

 

くしゃみや咳を手でおさえるのはNG!

f:id:flowerphoto:20200227161800j:plain

画像引用元:厚生労働省HP 

というのも、くしゃみや咳を手で押さえたとき、その後にドアノブやつり革などを触ってしまった場合、知らず知らずのうちにウィルスが付着していくことがあります。

 

ということは、そこを触った人にウィルスがうつり、人から人へうつっていくことになります。

 

飛沫感染や接触感染することを防ぐためにも、咳エチケットを守ることは大切です。

 

不安を感じたら医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」で相談する

これこそ今の時代にマッチしているアプリではないでしょうか。

これはもしかして…と迷うようなことがあっても、いきなり病院へ行ってはいけないということですから、まず医療相談アプリを利用するのもよいかもしれません。

 

LEBER(リーバー)は医師の隙間時間と相談者とをつないでくれるプラットフォームです。

f:id:flowerphoto:20200227001450p:plain

通常は有料アプリなのですが、新型肺炎の相談に限り、2020年4月10日(金)まで期間限定で医師の無料相談を受け付けています。

 

  • 心強い365日24時間対応。
  • 1台のスマホで最大5人までプロフィールを登録し相談することが可能。
  • 登録医師約100名

 

このようにチャット形式で気軽に相談できるのがメリットです。

f:id:flowerphoto:20200227001842p:plain

安易に病院への行きにくい今、専門家に相談するのが一番です!

いざというときのために、ダウンロードはこちらから。

iPhone、Androidともにダウンロード可能です!

    ↓

www.leber11.com

症状のあるときは帰国者・接触者相談センターに相談する

実際に症状としている出ている場合には、帰国者・接触者相談センターに連絡をすることが大切。

 

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含める)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

(高齢者や基礎疾患をお持ちの方は2日程度続く場合)

 

ちなみに、各都道府県が公表している、帰国者・接触者相談センターのページはこちらです。

 

それぞれの都道府県のページにとぶと、連絡先など記載されていますので、ぜひ参考にしてください。

   ↓

www.mhlw.go.jp

まとめ

連日、コロナウィルス感染のニュースが飛び交っています。

自分ごとと捉えてしっかりと対策を練ることが大切ですね。

・タッチパネルなどに触ったら、すぐに手を洗う。

・石鹸やアルコール消毒液で正しい手の洗い方を実践する。

・いざというときのために、医療相談アプリ「LEBER」をダウンロードする。

・実際に症状らしきものがあるときには帰国者・接触者相談センターに連絡する。

 

お読みくださり、ありがとうございます。