カメラと旅をする

写真と花、カメラと一緒に旅やお出かけをして感じたことやチャレンジしたことを綴ります。

箱根駅伝2022の見どころ穴場編

あけましておめでとうございます

幸多き年でありますよう心からお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、いよいよ明日は箱根駅伝。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」というそうです。

号砲は明日2日午前8時に鳴らされます。

私なりに穴場の見どころをまとめてみました!

ユニフォームの呼び方

日テレアナウンサーの解説を聞いていると、ちょっと気になることが...

それは各大学のユニフォームの紹介です。

f:id:flowerphoto:20220101221749j:plain

画像引用元:第98回東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト

ユニフォームの色の名前がですね、独特なんですよね。

こんな色ってあるの...??と思うことも。

 

駒澤大学の「藤色」はまだ分かるんですよ。

アナウンサーが「藤色のたすきが嬉しそうに、嬉しそうに揺れています」といえば、

駒沢の選手が快走してるんだな...と思いますよね。

 

例えば...

青山学院の「フレッシュグリーン」とか

帝京大学の「ファイヤーレッド

 

よく聞いていると、そんな色があるんだなと思います。

 

もっと凝っているのが青や紺色たすきの大学!

 

ちょっとご紹介をします。

 

・東洋大学→鉄紺

・神奈川大学→プラウドブルー

・順天堂大学→茄子紺

・東海大学→東海ブルー

・山梨学院大学→プルシアンブルー

・明治大学→紫紺色

 

茄子紺という色を初めて聞いたのですが。

カラー辞典をみると、そういう名称の色がちゃんとありました。

ビックリ!

カラーが各大学のニックネームなんですね!

たすきを渡すときの瞬間

たすきを渡すときにもルールがあります。

それは、進行方向に向かって、20メートル以内で渡さなければならないこと

私はこのたすきを渡す一瞬のドラマにもたまらなくじーんときてしまいます。

箱根マジック

トラックのタイムが速いからと言って、力を発揮できるとは限らない。

逆に持ちタイムはそんなに速くなくても、ドラマチックな展開がみられることも。

こういう箱根マジックが見られるのも箱根駅伝ならではのこと。

f:id:flowerphoto:20220101222058j:plain

画像引用元:第98回東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト

テレビで見てる分には平坦な道を走っているように思えますが、向かい風や寒暖差も

その日にならないと分からないこと。

区間ごとの特徴にいかに合わせて走るか...監督の采配で結果がガラリと変わる。

 

とくに、5区の山登り。

標高差874mもあるそうで、登り始めから登り終わるまでの間の寒暖差は相当なもの。

「山の神」なんていう言葉があるくらいですから、山をうまく制したチームが強いのだな~と素人ながらに思います。

 

今年は誰が「山の神」になるのか...今から楽しみです♪

山をスイスイ抜いていくなんて、神業です。

心理作戦

戦国駅伝と言われる大学駅伝。

29日にチームエントリーが発表されましたが、当日変更が6人まで認められています。

手の内を当日まで明かさないんですね。

 

なんといっても有力選手が補欠に登録されてるのが不気味。。。

その選手がどこに配置されてくるのか...

当て馬にされてる選手は気の毒ですが、心理作戦ですよね。

そう考えると、もうレースは始まっています

目に見えないだけ。

明日が楽しみです♪

 

お読みくださりありがとうございます。