カメラと旅をする

写真と花、紅茶、ときどきフィギュアスケート

山本草太選手のショートの曲「イエスタディ」は誰が歌ってる?

全日本フィギュア2022の山本草太選手のショートプログラム「イエスタディ」を見ていて、気になることがありました。

 

この「イエスタディ」のメロディはザ・ビートルズ(The Beatles)の曲だとわかるけれど、声がビートルズじゃないんですよね~。

 

つまり、「この曲は一体、誰が歌っているんだろうか?」と思ったのです。

 

そこで、今回は山本草太選手の2022-2023シーズンのショートプログラムの使用曲「イエスタディ」のヴォーカルは誰が歌っているのかについて、解説していきます。

イエスタディを歌うのは誰?

イエスタディを歌うのはアメリカ出身のマイケル・ボルトン(Michael Bolton)氏です。

 

1953年生まれのシンガーソングライター。もともとはハードロックの歌手でしたが、長くヒットに恵まれない不遇の時代を過ごしました。

 

しかし、のちにカバー曲などがヒットするようになり、「バラードの貴公子」「バラードの帝王」という異名を持つ方。1990、1991年にはグラミー賞を受賞しています。

 

マイケル・ボルトンが歌うハスキーな声は魅力的。イエスタディのビートルズとは違ったよさがあり、染み入ってくる感じ。

 

ちなみに、「Yesterday」が収録されているアルバムはこちらです。

Gold

Gold

Amazon

もともと、イエスタディは世界で最もカバーされた曲と言われています。約3000曲もカバーされているとか!多くの人にカバーされることはそれだけ人の心に寄り添う曲ということですよね。

 

そして、そのアーティストによって、イエスタディの世界観もいろいろと広がるのだなと感じます。

イエスタディに込められた意味とは?

イエスタディはポール・マッカートニーが作詞・作曲しました。1965年にシングルリリースされた曲。

 

イエスタディは愛する人との突然の別れを歌った失恋ソングです。

まとめ

今回は山本草太選手の2022-2023シーズンのショートプログラム「イエスタディ」を歌っている人物について、解説してきました。

  • 「イエスタディ」はザ・ビートルズ(The Beatles)のポール・マッカートニーの作詞・作曲
  • 「イエスタディ」はマイケル・ボルトンが歌っている。

 

なお、山本草太選手のファンの反応や強くなった理由・秘訣については、こちらの記事にまとめています♪

www.hanacame.com

今日もお読みくださり、ありがとうございます。