カメラと旅をする

写真と音楽とスポーツでちょっぴり日々を彩ります♪

イザボー・レビト選手の2023-2024シーズンのSP&FS使用曲を解説

アメリカ代表イザボー・レビト(Isabeau LEVITO)選手は、2023-2024シーズンもグランプリファイナルにきっちりと駒を進めました。

 

いまや、アメリカの絶対的エースといってもいいでしょう!

レビトさん、とてもかわいくて人気のある選手ですよね!

今回はイザボー・レビト選手の2023-2024シーズンの使用曲をご紹介します。

ショートプログラムの使用曲は「Yearning」

ショート

「Yearning」 by Raul Ferrando(ラウル・フェランド)

ショートプログラムの曲はRaul Ferrando(ラウル・フェランド)の「Yearning」です。

 

「切望」という意味の曲。蛇を演じるプログラムです。

 

くねくねした手の動きが蛇っぽかったですね。

 

いろんな楽器が加わるこの曲に乗せて、演じますが、蛇を演じるだけあって、レビト選手の清楚なイメージとは異なる妖艶な感じの曲ですね。

フリースケーティングの曲は「Nureyev」

フリー

「Nureyev(ヌエネフ)」

2018年の映画「ホワイト・クロウ伝説のダンサー」の曲。

 

ホワイトクロウは「白いカラス」という意味で、はぐれもののたとえ。その本来の意味は比類なき才能をもつ者のことをいいます。

 

ホワイトクロウという映画は、亡命し世界三大バレエ団で活躍した、ルドヌフ・ヌレエフ(1938-1993)というダンサーの半生を描いた映画です。

 

イザボー・レビト選手はこのヌレエフという天才ダンサーを演じるのですね。

 

この曲はIlan Eshkeri(イラン・エシュケリ)作曲、ジョージア出身のヴァイオリニストLisa Batiashvili(リサ・バティアシュヴィリ)が演奏しています。

 

Eshkeri: Nureyev

Eshkeri: Nureyev

  • Deutsche Grammophon (DG)
Amazon

振付はユリア・クズネツォワ氏

ショートプログラムとフリースケーティングともに、コーチでもあるユリア・クズネツォワ氏が振付をしています。

 

レビト選手は3歳からスケートを始めましたが、そのときから、ずっとユリアさんがコーチとして指導されています。

まとめ

今回はアメリカ代表イザボー・レヴィト選手の2023-2024シーズンのショートプログラムとフリースケーティングの曲について、ご紹介してきました。

 

  • ショートプログラムは「Yearning(イヤーニング)」で蛇を演じる
  • フリースケーティングは「Nureyev(ヌエネフ)」で天才バレエダンサーを演じる

イザボー・レビト選手を応援しましょう!

今日もお読みくださり、ありがとうございます。