カメラと旅をする

野球、バレー、スケート情報を中心に発信してます🎵

2023年全国女子駅伝で活躍した中学3年生のドルーリー朱瑛里選手の国籍は?

2023年1月15日(日)に全国女子駅伝(全国都道府県対抗女子駅伝競走大会)が開催されました。

その中で超ごぼう抜きをし、3区で9分2秒の区間新記録を打ち立てたすごい選手がいます。その彼女とはドルーリー朱瑛里選手。まだ中学三年生です。

 

結果も素晴らしいのですが、「とても可愛い」とビジュアルの美しさがネット上では話題になっています。

 

今回は全国女子駅伝で活躍したドルーリー朱瑛里選手について、ご紹介していきます。

全国女子駅伝とは?

全国女子駅伝は正式には「全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」といって、中学生から社会人までが走る駅伝で、毎年京都で開催されています。今年は第41回大会でした。

 

たけびしスタジアム京都がスタート&ゴール地点。全部で9区間あり、トータルで42.195㎞を走ります。区間によって走る距離が違うのが特徴。

  • 1区(6.0㎞)
  • 2区(4.0㎞)
  • 3区(3.0㎞)➨中学生限定区間
  • 4区(4.0㎞)
  • 5区(4.1075㎞)
  • 6区(4.0875㎞)
  • 7区(4.0㎞)
  • 8区(3.0㎞)➨中学生限定区間
  • 9区(10.0㎞)

今回は世間の目をくぎ付けにしたのは、中学生限定区間の3区でした。

ドルーリー朱瑛里選手の名前の読み方&出身

「なんて読むの?」と思った方は多いのではないでしょうか。

ドルーリー朱瑛里選手の名前は、「しえり」または「しぇり」と読みます。

 

また、出身は岡山県津山市。陸上を始めたのは小学校4年生からです。中学校は陸上の強豪校ではなく、一般の公立中学校(津山市立鶴山中学校)に通っていますが、なんと陸上部の女子部員はたったの3人。練習は自分で工夫して行うそうですから、すごくポテンシャルの高い選手ですね。

ドルーリー朱瑛里選手の17人のごぼう抜き

3区は3㎞と距離が短く、中学生選手限定の区間です。岡山県のドルーリー選手が2区の走者からたすきをもらったのときは38位。

 

コースはなだらかな下り坂とはいえ、猛烈な勢いで追い上げ、なんと17人のごぼう抜きで21位まで順位を上げて、たすきをわたしました!しかも、9分2秒の区間新記録!「異次元の走りだ」とテレビの解説の方も話していました。

 

しかも、今大会で区間新記録がでたのはこの3区のみ。今回がドルーリー選手の駅伝デビューというから、本当にびっくりです!!

ドルーリー朱瑛里選手の国籍は?

ドルーリー朱瑛里選手は父親がカナダ人、母親が日本人のハーフです。岡山県出身なので、国籍は日本ですね。

 

田中希美選手に憧れているとのこと。

 

すごい逸材がでてきたなと思いました~♪しかも、可愛いときたら、これからも陸上界のヒロインとして注目されそうですね。こんなにかわいいと陸上選手にとどまらず、メディアからも引っぱりだこになりそうですよね。

まとめ

今回はドルーリー朱瑛里(しえり)選手について、紹介してきました。

  • 名前は「しえり」「しぇり」と読む
  • 2023年の全国女子駅伝の3区で区間新記録を樹立。
  • 国籍は日本。父親がカナダ人で母親が日本人のハーフ。

ドルーリー選手のこれからの活躍が今から楽しみです!

今日もお読みくださり、ありがとうございます。