カメラと旅をする

写真と花、紅茶、ときどきフィギュアスケート

宇野昌磨選手の新フリー使用曲「G線上のアリア」を解説!歴代のスケーターもご紹介



こんばんは。猛暑と大雨が交互にやってきていますね。

 

さて、少し前に、宇野昌磨選手の2022-2023のフリープログラムの楽曲について、ブログでご紹介させていただきました。

 

「G線上のアリア」+「めあとるめんたぷろぺらーて」を編曲したものを使うというお話でした。

 

その時はあえてあまり触れなかった、「G線上のアリア」について、今日は取り上げていきます。

THE ICE 2022で「G線上のアリア」を披露する宇野昌磨選手

アイスショー「THE ICE 2022」の模様はいつかのブログで動画を拝借して、ご紹介させていただきました。

 

「G線上のアリア」は優雅でありながらも、どこか悲哀を感じさせるのが、聴く人をひきつけてしまう理由ではないかなと。

 

バッハの曲は教会で演奏される曲も多くて、癒しや慰めを感じます。

 

www.hanacame.com

 

 

スローなテンポでも緩急のある曲なので、聴いていると心が動かされますね。フィギアスケートのプログラムに選ばれやすいのも分かるような気がしました。

「G線上のアリア」の完成に向けて

アイスショーは新プログラムをブラッシュアップするために必要なステップ。

宇野昌磨選手もシーズン中の試合に向けて、こうしてアイスショーで腕試し。ここからもっと精度をあげていくんですね。

 

試合が始まるまでにはコーチと確認し合いながら、プログラムを完成させていくと話していました。

「アイスショーにたくさん出て、そこで新しいプログラムを皆さんに見てもらい、少しずつ完成を目指していきたいなと考えています。試合の何週間か前になったらスイスへ行って、ステファンコーチと練習をして。そんな予定をざっと立てています」

引用元:Web Sportiva

G線上のアリアの「G」とは?

「G線上のアリア」といえば、気になるのがこのタイトルです。

 

ヨハン・セバスチャン・バッハが作曲した「管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068」の第2曲「AIR(エール)」を、ドイツのヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミ(1845~1908)がピアノと一緒に、ヴァイオリンを独奏するために編曲したものです。

 

「エール」はフランス語読み、英語では「エアー」、イタリア語になると「アリア」と読みます。

 

で、なぜ、「G線上のアリア」というのかです。

G線って何???

 

アウグスト・ウィルヘルミはこの曲がヴァイオリンの4本の弦のうち、いちばん低音のG音だけで演奏できることに気づいて、「G線上のアリア」と呼ばれるようになりました

 

G音はドレミファソラシの「ソ」の音。ということは、「G線上のアリア」はソの音だけで演奏される曲です。

ちなみに、私のようなヴァイオリンに詳しくない方に向けてお話しすると、4つの弦とは、次のようになります。

E線(ミの音)

A線(ラの音)

D線(レの音)

G線(ソの音)

 

実際に、ヴァイオリンでG線上のアリアを演奏している動画をみつけました。

低音のG線だけを辿って、演奏すると以下のYoutubeのようになります(^^)

www.youtube.com

「G線上のアリア」を組み合わせたプログラムを演じたスケーター

宇野昌磨選手のように、「G線上のアリア」と別の曲を組み合わせて編曲したプログラムは、これまでどんなのがあったか、振り返ってみました。

 

動画を見ていて、オリジナリティを最大限に引き出すために、並々ならぬ情熱を感じました。組み合わせる曲次第で、イメージがガラリと変わります。

 

ちょっと気になったので、ピックアップしてみますね。

カロリーナ・コストナー

「G線上のアリア」というと、私はイタリアのカロリーナ・コストナー(Carolina Kostner)選手を思い出します。

 

浅田真央選手と同じくらい、心に残る選手。

 

こちらは2009-2010シーズンのフリープログラム。

・「G線上のアリア」

・アントニオ・ヴィヴァルディの「チェロ協奏曲」


www.youtube.com

タイムスリップしますね~。

村主章枝

1998-1999シーズンの村主章枝さんのプログラムも印象的です。

・バッハの「トッカータとフーガニ短調」

・「G線上のアリア」


www.youtube.com

荒川静香さんと同じ時代に活躍されていましたよね。

アダム・リッポン

アダム・リッポン(Adam Rippon)の2011-2012シーズンのフリープログラムは

村主章枝さんと同じ。曲の順番は逆なのですが、それだけでもかなり印象が変わります。

 

・「G線上のアリア」

・「トッカータとフーガニ短調」


www.youtube.com

10年前は今みたいに何種類もの4回転ジャンプを飛んでなかったですよね。でも、そういう時代のフィギュアスケートも十分、美しいです。

まとめ

今回は「G線上のアリア」について以下のように解説してきました。

・アイスショーで新フリープログラムを披露。

・タイトルの由来に関する説明。

・「G線上のアリア」と別の曲を組み合わせて編曲したものを使用したスケーターの紹介。

 

なお、「ドリーム・オン・アイス2022」、「プリンスアイスワールド2022」などのアイスショーやイベント、宇野昌磨選手、鍵山優真選手のインタビュー記事などを整理した本があります。

 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございます。