カメラと旅をする

写真と花、紅茶、ときどきフィギュアスケート

宇野昌磨の2022-2023シーズンのショートプログラムの曲は?

今年は6月に梅雨明けしたかと思うと、

いきなり、うだるような真夏日がやってきましたね。

 

こんなとき、涼しくなるような話題と言えば、フィギュアスケート!

フィギュアの選手たちはちょうどオフシーズンなので、今はアイスショー真っ只中です。

 

とはいっても、2022-2023シーズンはもうひたひたとはじまっているかもしれません。

 

数々の選手がアイスショーで今シーズンの新プログラムを披露しているからです!

4月のアイスショーでは宇野昌磨選手が今季のショートプログラムを初披露してくれました。

 

それも、とっても素敵な曲!フィギュアスケートで音楽は重要。

今日はその曲に注目して、ご紹介していきたいと思います。

 

宇野昌磨2022-2023シーズンのSPの曲は?

宇野昌磨選手の2022年ショートプログラムの曲は「Gravity(グラビティ)

アメリカの人気ギタリスト、ジョン・メイヤーさんの曲です。

 

エレキギターでとってもメロウな感じなんですよ。

弦楽器とは違った感じの曲で大人っぽいなと思いました。

 

4月に『プリンスアイスワールド 2022-2023 Brand New StoryⅢ』横浜の初日公演で初めて新ショートプログラムをお披露目してくれました。


www.youtube.com

 

宇野昌磨選手も24歳。年々、殻を破って、新しい宇野ワールドを見せてくれてると思います。だんだん大人っぽくなっていきますね!

宇野選手新プログラム「Gravity」の感想は?

宇野選手といえば、ショーの後のインタビューに注目!

今までと違った曲調の音楽について、こんなふうに答えてました。

 

強いところ、弱いところが音楽として明確に分かれているので、そういった部分を表現できたらなと思います。

 

こう聞くと、フィギュアスケートって、音楽を体で表現するスポーツだなと思いますね。

エレキギターの魅力

エレキギターの音は野性的で哀愁を帯びているからこそ、10代では出せない魅力を

たっぷり体現できるのかなと思いました。

 

ロックの魅力たっぷりで、競技用としてもアイスショー用としてもどちらにも合うナンバーです。

Gravityを歌うジョン・メイヤーはどんな人?

ところで、「ジョン・メイヤー(John Mayer)さんって、どんな人?」と思われた人もいるかもしれないので、軽くご紹介したいと思います。

 

ジョン・メイヤーはアメリカのギタリスト&シンガーソングライター。

世界三大ギタリストに憧れて、ギターを弾き始めたそうです。

 

ちなみに、世界三大ギタリストとは…

・エリック・クラプトン

・ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリンのギタリスト)

・ジェフ・ベック

 

ギターに全く詳しくないワタシですら、エリック・クラプトンは知ってますよー!

「Change the world」ですよね!

現代の三大ギタリストの一人

で、すごいのは、ジョン・メイヤーはデビュー当時から、頭角を現していて、いまや「現代の三大ギタリスト」といわれているんです!

ちなみに現代の三大ギタリストはこちらのお三方です。

・ジョン・フルシアンテ

・ジョン・メイヤー

・デレク・トラックス

 

Gravityの収録アルバムは?

それで、「Gravity」という曲ですが、2006年に発売された3ndアルバム「Continuum」に収録されています。

 

しかも、このアルバム、実は世界で約500万枚以上も売り上げたというからすごい!

 

しかも、第49回グラミー賞最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞、またアルバム収録曲「waiting on the world to chance」で最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞受賞しているんですって!

 

Continuum

Continuum

Amazon

 

ステファン・ランビエールコーチの振付

ところで、宇野昌磨選手と言えば、ステファン・ランビエールコーチなくしては語れませんね。

 

2022-2023シーズンはSP、FSともにステファン・ランビエールコーチが選曲&振付をされたそうです。

 

SPは衣装もブラックのジャケットスーツ姿でシックな印象。

 

世界選手権の記者会見で、ステファンコーチが飛び入り参戦したのを覚えているんですが...

「違うプログラムになっても、これ以上難度の高い構成はない」みたいな宇野選手の発言を受けて、「さらにステップアップするために、楽になることはないんだよ」というステファンコーチ。

 

きっと高難度の構成なんだろうな~と素人感覚ですが、予想しています。

 

2022-2023シーズンもステップアップした宇野君が見られそうで、楽しみ♪

まとめ

今日は宇野昌磨選手の2022-2023シーズンの新しいショートプログラムで使う曲について、解説しました。

・SPの曲はジョン・メイヤーの「Gravity」

・Gravityが収録されているアルバムはグラミー賞を受賞している

・選曲&振り付けはステファン・ランビエールコーチ

 

今シーズンの宇野昌磨選手を応援していきたいと思います!

今日もお読みくださり、ありがとうございます。